自動販売機のオンラインシステム導入で、オペレーションの効率化と最適な売り場作りを可能にしました

自動販売機オペレーションの効率化を促進しました

<導入事例:飲料メーカー>
お客様の課題は、自動販売機オペレーションの効率化でした。
自動販売機オペレーションの中心となる商品の補充作業は、品切れが起こらないよう適正に商品を補充することが重要です。しかし、適正数が把握できず、配送数、訪問回数の過不足といった問題を抱えていました。
ヒスコムは、オンラインシステムの導入をご提案しました。オンライン化することにより直近のデータ収集が可能になり、作業時間の短縮を実現。さらに、売り上げ情報の分析に基づいた販売予測による営業支援システムを設計し、より効率的なオペレーションを可能にしました。

導入の背景


導入前の問題点

  • 売り上げ本数、在庫が事前に把握できず、配送に過不足がありました
  • 販売機によって売れ筋が異なる商品のコントロールが困難でした
  • 経験と勘に頼る訪問計画のため、訪問が過多になる傾向がありました

導入システム

  • 自動販売機売上精算システム
  • 自動販売機オンラインシステム
  • 自動販売機コール計画システム
  • 自動販売機コラム管理システム

効果

  • オンライン化による在庫管理で、販売ロスが削減しました
  • 売り上げ情報の収集・分析で、効果的なコラム配置を実現しました
  • データに基づいた販売予測で、訪問計画が効率的になりました

選択のポイント~現場での作業時間の短縮と訪問回数の適正化

選択のポイント

オンライン化による直近データの取得で、品切れの予測や適正な補充数の把握ができ、作業の効率化が実現できることが最大のポイントです。データの分析により現場での作業が中心だったコラム変更が事務所でシミュレーションできるため、作業時間の短縮を可能にします。また、オンライン化を行ううえで通信にかかるコストが最大のネックとなりますが、通信費を低価格で抑えることができたのもオンライン自販機の拡大を行うことができた大きな要因です。

課題と効果

課題1:補充商品の過不足
解決1:直近データにより適正数を配送

オンラインシステムの導入により、直近の販売状況の把握が可能になり、適正補充数を配送。品切れ情報も瞬時に分かるので、オペレータへの指示が可能になり、欠品の削減にもつながっています。

課題2:非効率な商品配置
解決2:販売ロスを防ぐコラム変更

コラム管理システムで、対象販売機の実績に基づいた販売予測ができるため、効果的な品揃えが可能になりました。事務所と現場での作業を明確に分業することで、オペレーションの効率化も実現しています。

課題3:勘や経験に頼る訪問計画
解決3:効果的な訪問計画を実現

コラム管理システムと連携したコール計画システムにより、最少訪問頻度で効率的なオペレーションができる訪問計画の立案を支援。勘と経験に頼ることが多かったコール計画を、データに基づいて立案することで、個々の格差を是正します。

ヒスコムの事業・サービス

ヒスコムはITを通じて、ビジネスソリューションをご提案しています。

  • 自動販売機に関するソリューション
  • コールセンターに関するソリューション
  • シェアードサービスに関するソリューション
  • データベースに関するソリューション
  • セキュリティに関するソリューション
  • 営業支援に関するソリューション
  • ロジスティクスに関するソリューション
  • インフラ構築に関するソリューション