シンクライアントの導入でセキュアな世界を実現し、保守管理の効率化とユーザーの利便性を実現しました

セキュリティ強化のためにシンクライアントを導入しました

<導入事例:地方銀行>
お客様の課題は、IT運用業務に多くの専門スタッフを投入することができないため、PCの保守管理の効率化をはかることでした。
OSやアプリケーションを集中管理できる環境への移行を検討した結果、シンクライアントの導入に至りました。データセンターでの集中管理が可能になり、保守管理の負担は大幅に低減しました。

導入の背景

 

課題

  • IT運用に多数の専門スタッフを配置できないため、 PC保守管理の効率化が必要でした
  • ユーザーの利便性と、セキュリティの確保の両立が課題でした

導入実績

  • 稼働端末:200台
  • サーバ台数:5台
  • サーバ・システム構築期間:3か月

効果

  • クライアントOSのセンター集中化で、保守管理の負担軽減しました
  • データは全てデータセンターで保管されるため、情報漏えいのリスクがさらに低下しました
  • 出先でも必要な画面を呼び出せるため作業が効率化しました

導入のポイント~保守管理の効率化と信頼性がキーポイント

お客様は、県内に34の支店を持つ地方銀行様です。セキュリティ対策に万全の体制を取っているため、行内監査のような店舗をまたぐ業務が煩雑でした。またソフトウエアのアップデートなどを年2~3回約1か月をかけて全店舗で行っており、PC管理の効率化が急務でした。リモート・デスクトップ機能も導入されていましたが、実際にPCに問題が発生した場合、スタッフが支店に出向くことも多々あるため、スタッフへの負担が大きいうえ、問題対応の速度も課題になっていました。PC管理の効率化と基盤システムの信頼性の確保を実現できるのが、デスクトップ仮想型のシンクライアントでした。シンクライアント導入にあたっては、自社を含めた多数の構築・運用に実績がある当社に全面の信頼をいただき、一任させていただくこととなりました。

本部にいながら保守管理が可能。ユーザーの利便性も向上

データはすべてテータセンターで保管されているため、外部への情報漏えいの危険性は従来以上に低くなりました。さらに今回はユーザー使用の際にICカードとWindowsのドメイン認証という二重のセキュリティがかけられており、いっそうの強化を実現しています。 保守管理の点では、クライアントPCのシンクライアント化で各店舗を回る必要がなくなり、負担は大幅に軽減しました。また他店舗に出向いての行内監査業務においては、使い慣れた環境を即座に画面に呼び出せるため、セキュリティ確保と利便性の向上の両立を実現しています。

システムの概要

課題と効果

課題1:クライアントPCの集中管理
解決1:データセンターでの集中管理へ

シンクライアントの導入で、OSやプリケーションの環境をデータセンターで集中管理できるため、保守管理の負担が大幅に削減されました。また万が一障害が発生した場合でも、迅速に保守対応ができる体制を実現しました。

課題2:ユーザーの利便性とセキュリティ確保の両立
解決2:データセンターでの情報管理と画面転送による操作で、安心・快適

データはすべてテータセンターにあり端末には一切データがなく、セキュリティ面はさらに強化されました。また操作はサーバから転送された画面上で行い、使い慣れた環境での業務のため効率的です。

ヒスコムの事業・サービス

ヒスコムはITを通じて、ビジネスソリューションをご提案しています。

  • 自動販売機に関するソリューション
  • コールセンターに関するソリューション
  • シェアードサービスに関するソリューション
  • データベースに関するソリューション
  • セキュリティに関するソリューション
  • 営業支援に関するソリューション
  • ロジスティクスに関するソリューション
  • インフラ構築に関するソリューション