実環境での検証により、シンクライアントを導入。BCP対策を実現しました

デスクトップの仮想化で、BCP対策環境を整備しました

<導入事例:システム企業>
お客様は静岡県を拠点としていたため、BCP対策が急務でした。
サーバは東京にDRサイトを作りましたが、個々の社員のパソコンについては未対応でした。そのため、震災時をはじめパンデミックといった出社が不可能な状況への対応が懸念されていました。そこで、シンクライアントの導入を検討した結果、導入に踏み切ることとなりました。

達成項目

90%達成

BCP対策

80%削減

管理工数

導入の背景

 

課題

  • 拠点が静岡県だったためBCP対策が急務でした
  • PC管理業務の効率化の必要がありました

導入システム

  • シンクライアント

効果

  • セキュリティの確保を実現しました
  • BCP対策90%完成を実現しました
  • 管理の負担軽減につながりました

選択のポイント~セキュリティ強化でも、運用管理が容易な仮想デスクトップ環境

BCP対策のためのセキュリティの強化に加え、運用管理の負担削減も課題のひとつでした。社員以外の協力スタッフを多数抱えていたため、人員の入れ代わりが激しく、管理業務の効率化が必要となっていました。シンクライアントは、十分なセキュリティ対策が可能なうえに、アプリケーションのバージョンアップなどもサーバ上で一元管理され容易なため、導入を決定しました。

シンクライアント導入の流れ

実績と経験に信頼をいただき、共同プロジェクトのパートナーに

今回はヒスコムの導入実績、経験、ノウハウにご信頼をいただき、お客様との共同プロジェクト体制で導入が進むことになりました。まず、お客様のご利用環境をはじめとした現在の状況を細かくお聞きし、ソフト・ハード両面で最適と思われる組み合わせをご提案しました。また、当社の実環境に加え、ご希望の環境設計した環境で検証していただき、ご納得をいただいた上で、導入に至りました。

 

課題と効果

課題1:災害に備えたセキュリティ強化とBCP対策
解決1:シンクライアント導入で対策を推進

静岡県という立地上、震災に対する備えが課題であったため、デスクトップの仮想化を検討。シンクライアントの導入で端末に依存しない環境を実現し、対策を進めました。

課題2:PC管理の負荷低減
解決2:サーバ管理の一元化で負荷低減

300名規模の社員に加え社外の協力スタッフも多数いるため、PC管理の負荷が重くなっていました。シンクライアントの導入で、管理がサーバに一元化されたため、管理負担も軽減しました。

ヒスコムの事業・サービス

ヒスコムはITを通じて、ビジネスソリューションをご提案しています。

  • 自動販売機に関するソリューション
  • コールセンターに関するソリューション
  • シェアードサービスに関するソリューション
  • データベースに関するソリューション
  • セキュリティに関するソリューション
  • 営業支援に関するソリューション
  • ロジスティクスに関するソリューション
  • インフラ構築に関するソリューション